任意整理は弁護士へ【返済の負担を軽減させる】

MENU

借金問題を解決するには

貯金箱

プロに依頼して生活再建

金融業者等からの借金が何らかの事情で返済困難になった場合、そのまま放置しているとどんどん利息がかさむばかりでなく、心身ともに消耗して生活が崩壊してしまうおそれがあります。平穏な暮らしを取り戻すには、債務整理を行って自ら問題解決を図ることが重要です。債務整理と言うと、個人破産のように裁判所の命令によって強制的な処分を受けるものというイメージがありますが、実はそれ以外にも方法があります。それが任意整理です。任意整理とは債権者と債務者が直接交渉することによって、公的機関の介入なしに債務を整理することをいいます。ただ「直接」と言っても、借りている本人がじかに交渉しても話がまとまるケースはあまり多くありません。できるだけ良い条件を引き出すには、弁護士や司法書士といった交渉のプロに依頼するのが賢明な選択です。弁護士等が任意整理に着手すると、まずは厳しい督促が停止されます。これだけでも債務者にとっては大きな助けとなります。次に、利息の免除や元本の減額等を要請します。当然、簡単に応じてくれる債権者はいませんが、ここで発揮されるのがプロの交渉能力です。実現可能な範囲での返済計画を立て、それを忠実に実行することを担保として合意を取りつけるのです。この際、場合によっては交渉しなくても当然に債務が減額されることがあります。これが世間などで言われる過払い利息問題で、今までに法定利息を越えた分を返済していたのであればその分が債務と相殺されるばかりでなく、時にはお金が戻ってくるケースもあります。この「利息を正しく計算し直せる」というのは専門家に任意整理を依頼した場合ならではのメリットです。

Copyright© 2018 任意整理は弁護士へ【返済の負担を軽減させる】 All Rights Reserved.