任意整理は弁護士へ【返済の負担を軽減させる】

MENU

家族に知られたくない

お金

裁判所が関与しない手続き

借金をしていることを家族や会社に知られたくない、クレジットカードやローンを組むことができなくなるから債務整理をするのを躊躇してしまっている方もいます。任意整理は裁判所が関与しない手続きですので、家族や会社にはバレにくい手続きです。手続きも簡易的であるため、自己破産をするよりも労力は少なく期間も短いです。そして任意ですので、債務整理を行う債権者を選ぶことができます。例えば、保証人付きのローンであると自分は自己破産をすることによって借金を免れたとしても保証人は引き続きその責務を負います。保証人に迷惑をかけないためにもそのローンは外して手続きをすることもできます。その他にもメリットがあり、借金延滞中の方は弁護士が介入してくれることで督促電話や督促状をストップさせます。自己破産や個人再生のように財産を処分せずに済みます。資格制限がないです。ただし、すべての人が任意整理をできるわけではないです。いくつか条件があり、収入が無いと任意整理をすることができないです。借金が全額免除になる手続きではありませんので、減額された借金は継続して支払っていく必要があります。安定した収入があることが条件です。それさえあればアルバイトの方でも手続きはできます。その他にもローンを組めなくなるのですが、その期間は5年程度です。デメリットもあるのですが、生活が苦しいから借金を減らしたい取立で精神的に追い詰められている人は、弁護士にすぐにでも相談することで、ストレスからも解放されることができます。

Copyright© 2018 任意整理は弁護士へ【返済の負担を軽減させる】 All Rights Reserved.